カテゴリー別アーカイブ: FRPライニング (クラック・割れ・穴補修)

FRP浴槽再生塗装及び浴室床シート施工 丹羽郡大口町

青く変色した浴槽の再生塗装と床面シート施工

戸建て住宅のユニット浴室です。
喫水線辺りが青緑色に変色しています。

Before

青く変色しています、それは銅石けん=青水です!

ご主人に、銅配管を使用されていますか?、とお聞きすると、
やはりそうだ、とのこと。

給湯器や給水給湯配管で銅配管が使用されている場合、
水に溶け出した銅イオンと、皮脂などの油分や石けんの脂肪酸とが結びつき、
酸素や炭酸ガスに触れ青色になり、浴槽に付着することがよくあります。
この青く変色したものが、「銅石けん」と呼ばれるものです。

銅石けん自体は身体には無害と言われており、
衛生上の問題はないと考えられますが、
見た目にはマイナスですね。

写真では分かりませんが、
浴槽底面は強度がかなりなくなっておりブヨブヨです。
更にかなり凸凹しています。
これはFRP浴槽の経年劣化とも言える状態です。
お湯(水)を張るとお湯(水)の重力でFRP浴槽は外に広がろうとする、
お湯(水)を抜くと元に戻ろうとする、
この長年の繰り返しが、浴槽の強度を弱めることになります。

このような状態の場合、強度補強のライニング施工が必要です。
強度不足を見極められず、強度補強せずにそのまま塗装をしてしまうと、
後々トラブルが起こる可能性が高くなります。
強度不足の状態を正しく把握し、現状をお客様に正しく伝えることがまず大切です。

再生塗装完了です!
オフホワイト系に蘇りました。

ご主人に確認していただくと、
「おっ〜ツルツルだな、ピッカピカになった!」と、
大変喜んでいただきました。

After

底面全体はライニング工法で強度アップ!
専用のマットを使用し、しっかり強度補強してあります。
これで安心して使用できますね。

浴室洗い場床面へのシート施工。

Before

浴室洗い場は、保温性、クッション性、防滑性に秀れた、
東リ、バスナフローレ ピンクでのシート施工です。

After

浴槽塗装とのコンバインメソッドです。

カテゴリー: FRPライニング (クラック・割れ・穴補修), FRP浴槽塗装, カラーコーティング, 洗い場 シート張り, 浴室リフォーム, 浴室清掃, 浴槽コーティング, 浴槽清掃, 溜湯, 膨れ, 銅石鹸 | タグ: , , , , , , , | コメントは受け付けていません。